So-net無料ブログ作成
検索選択

N.H.O.P. & Sam Jones 『Double Bass』 [音楽のこと]

2009_1008.jpg

ここんとここのCDばっか聴いています。

N.H.O.P.とSam Jonesという二大ジャズ・ベーシストが共演するアルバム、『Double Bass』。
1976年の録音です。

ジャズというと、評価基準がどうしても技巧的な部分に走りがちなんですが、
わたしの基準はいたってシンプル。
聴いていて気持ちよいか否か・・・この一点のみです。
このアルバムは最初っから最後まで、とにかく気持ちいいんです。

N.H.O.P.は技巧派の代表みたいなひとですから、もちろんすばらしいテクニックも持っています。
でも、テクニックだけじゃない、その向こう側にあるすてきな場所に二人仲良く行っちゃった・・・
そんな気にさせてくれる一枚です。

どうしてもメロディアスなN.H.O.P.が目立ちますが、なかなかどうしてSam Jonesもいいですよ。
いぶし銀だね。いぶし銀。
その渋さがとどまるところを知りません。

きょうはなんだか文章めちゃくちゃですが、ま、それほどエキサイティングかつスリリングかつ
ピースフルなアルバムというわけなんですよ。
なかなかそのへんのレコードショップやレンタルショップには置いてないんで、
興味のあるかたは声かけてくださいな。
貸したげますから。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

お父さん

そんなにすばらしいのであれば、ぜひ一度聞いてみたいです。
by お父さん (2009-10-17 08:00) 

ジェットシティのコンサルタント

じゃあこんどね。
カーステレオで聴くのは無理かもよ。
by ジェットシティのコンサルタント (2009-10-23 11:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。