So-net無料ブログ作成

蝶花楼馬楽 独演会 [落語のこと]

年二回行われる落語長屋の例会。
秋の例会に行ってきました。

きよら亭うどん  鮑のし
蝶花楼馬楽  人形買い
蝶花楼馬楽  皿屋敷(お菊の皿)
蝶花楼馬楽  寄席の踊り(深川)
中入
蝶花楼馬楽  文違い

今回のゲストは七代目蝶花楼馬楽(ちょうかろうばらく)さん。
この、指のふっくら具合がなんとも噺家らしい師匠。
落語長屋38年の歴史のなかで一度も口演されていないネタを、あえて、口座にかけてくれました。
しかも、寄席の踊り(深川)まで飛び出す大サービス。
息遣いまで聞こえるかぶりつきの特等席で、生の落語と江戸の情緒をたっぷり味わいました。

馬楽さん、うどん君、楽しい夜をありがとうございました。

2009_1107_2.jpg

あ、うどん君。
うちの息子たちはあなたの噺を楽しみに長屋へ通っているんですからね。
来年も楽しみにしてますよ。
そこんとこよろしく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。